薬剤師で、やる気のある方大募集


by xnm7x2yiin

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 普天間問題の日米共同声明に対して、民主党では「やむを得ない。現実的な対応だ」(中堅)と支持する声が多い。民主党の平田健二参院国会対策委員長は28日午前、国会内で開かれた党参院議員総会で「これからは122人のこの会派(参院民主党系会派)だけで法案を通さなければいけない。かなり厳しい局面になるので(国会で)禁足が続く」と述べ、同僚議員らに社民党の連立離脱を覚悟するよう促した。

 ただ、民主党の一部にも「政権は末期的なんてもんじゃない。末期だ」(中堅)との反発も出ている。超党派の沖縄等米軍基地問題議員懇談会の会長で、米領グアム・テニアンへの移設を主張してきた川内博史衆院議員(民主党鹿児島県連代表)は28日午前、「辺野古の文字が入ったのは極めて残念だ。沖縄県民の心を踏みにじってしまったことを与党の一員として大変恥ずかしく思う。首相の当初の国外・県外という思いを外相と防衛相が実践しなかったのが原因だ」と語った。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は「声明は、沖縄県民として非常にショックだ」と非難した。

 一方、連立与党、国民新党の代表、亀井静香郵政改革・金融相は28日午前、国会内で記者団に、日米共同声明について「最終的には沖縄県民の協力、理解が得られなければ決着しない話で、日米間において総理がそういう努力をしているということだ。全体としては(現在)進行形の状況だと思っている」と述べ、評価する考えを示した。

 そのうえで「3党合意の中で総理が努力している。将来の県外国外に向けて」と語り、社民党が理解を示すことに期待感を示した。

【関連記事】
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」
「離脱是非は30日に判断」福島党首 共同声明「辺野古」明記には「とても残念だ」
普天間移設 「将来は県外」で説得へ 社民離脱阻止を優先
普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛
社民のごね得? 福島氏、頑なに「閣議で署名しない」 政府は譲歩…
iPadが上陸

高級ベーカリーを上海に初出店=アンデルセングループ(時事通信)
音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展(Business Media 誠)
社民党 普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
公示まで1か月、公認候補者は340人(読売新聞)
[PR]
by xnm7x2yiin | 2010-05-29 06:31
 女装して女性店員に対し下半身を露出したとして、茨城県警ひたちなか西署は20日、公然わいせつ容疑で、陸上自衛隊施設学校所属の准尉梶山敦容疑者(51)=茨城県東海村東海=を逮捕した。同署によると、「女装したことは間違いないが、下半身は露出していない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、4月10日午後7時半ごろ、東海村の菓子店を女装して訪れ、女性店員(25)に対し下半身を露出するなどした疑い。 

【関連ニュース】
わいせつマイクロSD初摘発=携帯向け、容疑で2人逮捕
求刑上回る初の判決=わいせつ致傷事件の裁判員裁判
全員女性「意見言いやすかった」=「男性の声も」
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕

佐川急便元社員3人を逮捕=架空発注で代金請求―警視庁(時事通信)
上野動物園に来年3月、パンダ復活へ(産経新聞)
橋下「維新の会」初陣、大阪市議補選に5新人が届け出(産経新聞)
<姨捨の棚田>再びピンチ オーナー増でも管理の農家高齢化(毎日新聞)
飲酒運転事故で母身代わり、市職員を書類送検へ(読売新聞)
[PR]
by xnm7x2yiin | 2010-05-21 10:24
 ■小説「女の勲章」のモデル、近藤年子さん 

 作家、山崎豊子さんの小説「女の勲章」のモデルにもなった服飾デザイナー、近藤年子さん(89)=大阪府吹田市在住=が、最後の作品となる自らの死装束を仕立てた。「私に葬儀屋さんの白装束は似合わない」と色鮮やかなドレスをデザイン。戦後の関西の服飾界を牽引(けんいん)したデザイナーは“旅立ちの祝衣”を片手に現役引退後の余生を送る。

 近藤さんは大阪・船場生まれ。戦後、大阪大空襲で焼け残った自宅の2階で、近所の若い女性を集めて洋裁塾兼店舗を開き、占領軍兵士の婦人たちのドレスを縫いながらデザイナーとして自立した。

 山崎さんがまだ毎日新聞の記者だった時代、毎週末に仕事場で取材を受け、服飾界の最新の動向や自身の生い立ちなどを語った。山崎さんとは「おとよさん」「こんちゃん」と愛称で呼び合い、山崎さんが作家として独立後も親交を深めたという。

 デザイナーとしては、昭和25年に大阪市内でファッションブランド店「TOSSY(トッシー)」を設立。オーダーの店舗と合わせ現在は店舗を閉めたが、社団法人「総合デザイナー協会」参与を務める。

 デザイナー歴60年を迎え、これまでに数千着余をデザインし縫い上げた。しかし近年の老いの自覚から昨年末、引退を決意。「最後の作品は、自らの人生の最後の舞台を演出する洋服に」と自分のための死装束のデザインに着手し、約3カ月がかりで、金色を下地にしたヒョウ柄のツーピースのドレスを作り上げた。

 「晴れの日が着古した浴衣や合繊ではさみしい。死装束は人生の延長線上として考えて、美的でおしゃれでありたい」と近藤さん。

 「死装束を作ったからといって、まもなく死ぬ予定はありません」といって笑いながら、「あと何年生きるか分かりませんが、余生は読書や音楽を楽しみたい。終わりも含めてこそ、自分の人生と思う」と話した。(植木芳和)

                   ◇

【用語解説】女の勲章

 山崎豊子さんの長編小説。昭和35〜36年に毎日新聞で連載。大阪・船場生まれの若く美しい主人公が、空襲で亡くなった両親の遺産を基に小さな洋裁学校を開き、学校経営者、デザイナーとして大成を目指すものの、女のプライドと欲望を利用した男性マネジャーに3人の愛弟子を手玉に取られ、次第に翻弄(ほんろう)されてゆく生涯を描いた。実在するデザイナーの近藤年子さんや上田安子さん(故人)がモデルになったという。

民主議員がグアム、テニアン視察へ(産経新聞)
防波堤に衣服、容疑の夫か 京都・伏見の母子殺害(産経新聞)
<巻機山>県警ヘリが5人発見、安否確認へ…新潟・群馬県境(毎日新聞)
<普天間移設>首相、15日の訪沖先送り(毎日新聞)
<新型インフル>国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
[PR]
by xnm7x2yiin | 2010-05-13 07:32